2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.30 (Tue)

これがガセ、恥が書かせる

裏モノ日記 2009年 06月 25日(木曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090625101840.html

さらにもうひとつ、訃報。
「恋が着せ、愛が脱がせる」
というコピーをご存知だろうか。
80年代伊勢丹のポスターにあった文句で、
しばらくそのポスターの前で立ち止まって
「うまいなあ」
と感心していたのを思いだす。
こないだやった婦人公論誌の“愛の名言”座談会でも紹介した。

そのコピーを作った人、真木準氏死去。62歳。
もっとこういうコピーを作って欲しかった。
「でっかいどう、北海道」
「イマ人を刺激する」
といった駄洒落系コピーも、そりゃ嫌いじゃなかったけど。

http://s01.megalodon.jp/2009-0630-0821-14/www.tobunken.com/diary/diary20090625101840.html

×真木準 ○眞木準
×62歳 ○60歳
×「でっかいどう、北海道」 ○「でっかいどお。北海道」

Google にも「もしかして: 眞木準」と表示されるし、名前を間違えるなんて……とは思った
けど、こちらはまあ、Amazon などの書店 Web や報道によっては「真木準」となっている
せいかと好意的に解釈できないこともないとして。
(しかし、唐沢俊一が愛用しているという訃報ドットコム http://fu-hou.com/2533 では
「おくやみ:眞木準氏」と「眞木準」表記なんだけど)。

お亡くなりになった時点で 60 歳の「享年61」を、「62歳」にしてしまった理由は不明。
「享年62」を、「62歳」という表記にしてしまった理由は不明。
(コメント欄でのご指摘の通り、「享年61」ではなく「享年 62」が正しいため、お詫びのうえ
訂正します。でも、数え年に「享年」もつけないで「歳」をつけるのは、やはりナシという
ことで)。

「でっかいどお。北海道」は、Wikipedia はもちろん、短い訃報記事の中にも必ず紹介
されているといっていいコピーなので、こちらが「でっかいどう、北海道」になった理由は
もっと不明。

2ちゃんねるのスレでは、「コピペすら満足に出来ないのでは」などともいわれているが
(Read More 参照)、「コピーライター、土屋耕一氏死去」の際の『君の瞳は1000ボルト』
といい、唐沢俊一はコピーライターについて語らない方がよいのでは。

http://www.amazon.co.jp/dp/4883350916
>一語一絵 (単行本)真木 準 (著)
〈略〉
>内容(「MARC」データベースより)
> 「でっかいどお。北海道」「飲む時は、ただの人」「恋が着せ、愛が脱がせる」…。駄洒
>落系から優れたアフォリズム、恋にまつわるコピーまで、心奪う一語を、目奪う一絵と
>ともに一冊にまとめる。島田雅彦の解説を付す。


http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/entertainment/CO2009062401000934.html
>2009年6月24日(水)21:54
> 全日空の「でっかいどお。北海道」などのキャッチコピーで知られるコピーライターの
>真木準(まき・じゅん)さんが22日朝、急性心筋梗塞のため死去した。60歳。


その他参考 URL:
- http://www.j-cast.com/2009/06/25043975.html
- http://ja.wikipedia.org/wiki/眞木準
- http://news.videoboys.tv/index.php?itemid=1447&catid=9
- http://jpo.arch-i-tect.com/?eid=178246

http://www.fujiokashin.com/criticism.html の「追悼(2009/06/29)」も参照のこと。



More...

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1246078306/303-
-------
303 :無名草子さん:2009/06/29(月) 11:49:33
>敢えて名を伏せているのは、お亡くなりになったとき、奥様が騒がれたくないので
>あまり大っぴらにしないで欲しいと言われたと聞いたからだ。
>既に新聞にも載ったことだけど、尻馬に載る必要もあるまい。

>自著の中で「仕事に役立つサイト」として訃報ドットコムを挙げている唐沢俊一が、
>早速、日記の埋草に訃報を書いている。
>名前を誤記し、年齢を間違えて。
>死者に対する無礼の数々、今日に始まったことではないが、その報いは
>いずれの日にか来ると、肝に銘じたまえ。



305 :無名草子さん:2009/06/29(月) 11:55:59
>そのコピーを作った人、真木準氏死去。62歳。
>もっとこういうコピーを作って欲しかった。

×真木準
○眞木準

×62歳
○61歳

306 :無名草子さん:2009/06/29(月) 11:57:56
>「でっかいどう、北海道」
>「イマ人を刺激する」
>といった駄洒落系コピーも、そりゃ嫌いじゃなかったけど。

×でっかいどう、北海道
○でっかいどお。北海道。

307 :無名草子さん:2009/06/29(月) 12:07:23
>>305
享年61歳だが、満年齢だと60歳。

308 :無名草子さん:2009/06/29(月) 12:08:24
唐沢俊一くんって何をやらせてもダメな子なんですね。
コピペすら満足に出来ないのでは
簡単な工場の流れ作業すら満足に出来ないんじゃないの?

311 :無名草子さん:2009/06/29(月) 12:27:52
> 簡単な工場の流れ作業すら満足に出来ないんじゃないの?
あれ結構DQNが強烈な精神攻撃を浴びせてくるから、プライドの高い先生じゃすぐ廃人です

312 :無名草子さん:2009/06/29(月) 12:31:16
ろくろく出来る仕事もなく、嘘つきでプライドばっかり高い男が、
二十年間も生計を立ててられたんだから、出版界というのはチョロいところ
なんですなあ。

-------
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

09:13  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>粗忽亭主人さん
>WOOさん

どうもです。ご指摘の通り、本文に「享年61」というのは私 (と訃報ドットコム) の誤りですね。(_ _); お詫びして訂正します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e4%ba%ab%e5%b9%b4
>・本来は、数えの年齢で表すものであり、満年齢を使用することは厳密には
> 誤りであったが、実生活の中で数え年を使う機会が減少した現代の日本
> おいて、享年に満年齢を用いることが一般的になりつつある。
> ・数え年は、元日を基準とするので新暦の導入[3]以前は、暦法により
>  元日が新暦に対し異なる為、数え年の数え方には注意が必要である。
>  数え年の換算方法を参照。
>・また、享年に年齢を数える単位である「歳」を付けることも、本来は誤用
> であったが、満年齢を用いるのと同様に、享年に「歳」を付ける表記も
> 一般的になりつつあり、『広辞苑』の凡例にも「-九十歳」と記載されて
> いる。「数え年でなければ誤り」「歳を付けるのは誤り」とは、言い切れ
> なくなりつつある。

しかし、唐沢俊一の書いた「62歳」は……数え年の表記だが、「享年」とはつけないで、「歳」だけはしっかりつけるというのは、ちょっとナシにして欲しい気が。
トンデモない一行知識 |  2009年07月01日(水) 01:39 |  URL |  【コメント編集】

あ、数え年は誕生日ではなく元日に年齢をとることになるのですね。
訃報ドットコムが間違っているということでしょうか?
WOO |  2009年06月30日(火) 21:00 |  URL |  【コメント編集】

●享年とは

享年とは本来亡くなったときの数え年のことですから、1948年生まれの眞木氏は享年62となると思います。
粗忽亭主人 |  2009年06月30日(火) 14:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/158-cd180f99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。