2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.23 (Tue)

ホスピタルに入りびたる日記――「八犬伝は鬼門」編

裏モノ日記 9日~15日(入院日記)ホスピタルに入りびたる
http://www.tobunken.com/diary/diary20090609130149.html

前立腺のお父さんの退院した後がまに入ってきたおじいちゃん、
“口が開かずものが食べられない”という病気。顎関節症かと思ったら、
なんと破傷風によるけいれんなんだとか。
家庭菜園で農作業していて足を傷つけ(ほとんど血も出ない程度)、
そこから菌が入ってかかってしまったと言う。
農家にはまだ地域的に通常ある病気らしいが都市部では珍しく、
担当の、ベテランらしいお医者さんも、
「僕も破傷風なんて見たのはまだ二度目でね」
と言っていたし、私の破傷風の知識は『八犬伝』どまりである。確か、
治療法は若い処女の生き血をかけるんだったか。そんなこと口走ったら
異常者扱いされる。あ、『震える舌』という映画があった。
あれももっとひどそうな……。


×若い処女の生き血をかける ○若い男女の血を五合ずつ合わせ傷口にそそぐ

「農家にはまだ地域的に通常ある病気らしいが都市部では珍しく」とかいうのは、何か
意味不明瞭だし、日本語にもなっていないような……。農家の多い地域では――とでも
いいたかったのだろうか。

唐沢俊一がほとんどいつも間違い混じりで語る『八犬伝』については、2ちゃんねるの
スレに誰かが書き込んでくれた通り。

http://www.23ch.info/test/read.cgi/books/1245306415/
>759 :無名草子さん:2009/06/20(土) 15:17:36
>「裏モノ日記」2009年06月09日(火曜日)
http://www.tobunken.com/diary/diary20090609130149.html

>>「僕も破傷風なんて見たのはまだ二度目でね」
>>と言っていたし、私の破傷風の知識は『八犬伝』どまりである。確か、
>>治療法は若い処女の生き血をかけるんだったか。そんなこと口走ったら
>>異常者扱いされる。あ、『震える舌』という映画があった。

>「知識」ねぇ・・・


>「トンデモない一行知識の世界 OLD」
http://tondemonai2.web.fc2.com/581.html

>>『南総里見八犬伝』に出てくる破傷風治療の秘法は、若い男女の血を五合ずつ合わせ、
>>傷口に注ぐこと。「全身にあびせ」なければいけないわけではない。

>>また、作中では、斬られて死んだ男女 (山林房八と妻の沼藺) から採取した血で、見事
>>犬塚志乃の破傷風が完治しているので、「生血」である必要もない。


『生血を全身にあびた』のは志乃じゃなくてエリザベートでは」のエントリーで指摘した
『トンデモ一行知識の世界』での間違いは、「生血を全身にあびせれば完治」という部分
だったけど (馬琴の小説では生き血ではないし、全身にあびせなくともよい)、今回は、
「若い男女の血」を「処女の生き血」ということにしてしまった、と。


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

09:08  |  その他の雑学本 間違い探し編 (324) +  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●じーんぎれいち、ちゅうしんこーてい

>ててさん
情報ありがとうございます (_ _)

確かに、おっしゃる通り、テレビの新八犬伝の方は「浜路の血を浴びて」破傷風を治したという話のようですね。

http://www7.plala.or.jp/satoha/06.natukasi_tv_syo_dora.html
>破傷風に冒された主人公を、自分の生き血を全身に浴びせるという治療法で
>助ける、というのが子供心にたいへんショックでした。

http://carina.littlestar.jp/m/makedic/dicview.cgi?idx=h
>古那屋の別の部屋では、浜路が左母二郎に斬られて重傷を負い、逃げ込んだ
>ところが信乃の臥せっている部屋。昏睡を続ける信乃の上に浜路が倒れこみ、
>傷口から流れる浜路の温かい血を全身に浴びて、信乃は意識を取り戻した。
>浜路もすぐに医者によって手当てされ、一命を取りとめた。

新八犬伝の方はリアルタイムで見ていて、同じ頃には子ども向けの八犬伝も読んでいたはずなんですが、ここら辺の内容は全然覚えていません (汗)。

もしかしたら、唐沢俊一の直接のネタ元は、上に引用したページの方かなとも思ったのですが、どちらも 2000 年以降で、『トンデモ一行知識の世界』よりは後の様子。テレビ放映の内容を覚えていて使ったという可能性が高いかなと思っています。
トンデモない一行知識 |  2009年06月25日(木) 00:29 |  URL |  【コメント編集】

最近、こちらに来る様になった者です。
今回の八犬伝関連の内容で、些か不確実な情報で申し訳ありませんが
思い当たる事がありましたので、書き込みさせていただきます。
「八犬伝」「破傷風」「生き血」で思い出したのですが、確か、昔
NHKで放送していた人形劇の「新・八犬伝」で犬塚信乃が破傷風
から回復する際に、床に伏せっていた信乃が刺客に命を狙われ、
それを庇った浜路が斬られ、その時に噴出した浜路の血を浴びて
回復した、というエピソードがあったような記憶があります。
てて |  2009年06月24日(水) 13:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/150-3813371b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。