2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.14 (Sun)

昆虫以外の長時間交尾はミンクの最長 8 時間とか

『トンデモ一行知識の世界』 P.1 および表紙

シラミのセックスは六時間、続く。


シラミは、長時間交尾をしないんじゃないかと……。

昆虫のなかには、雌を独占して他の雄をよせつけないようにするために、長時間交尾を
する種が存在する。ベニツチカメムシの長時間交尾は平均 23 分、ババホタルトビケラは
2 時間をこし、ウリミバエでは短くとも 5 時間、ミナミアオカメムシにいたっては、平均
55 時間 (!) とのこと。

http://books.google.com/books?id=WWS5JbCYDpkC&pg=PA215&dq=長時間交尾&as_brr=3&hl=ja
> 昆虫の雄には, つがい相手の雌が他の雄によってのっとられてしまわないための
>さまざまな行動が, 同性内選択により進化している.
〈略〉
>(2) 長時間交尾:交尾を長時間継続することにより, つがい相手を独占する
>   (例)  カメムシ類に交尾時間が長いものが多い.


http://wwwsoc.nii.ac.jp/jes2/JEcontents/18(1)J.html
> 集合性を持つベニツチカメムシの交尾時間には,より普通にある短時間交尾(平均
>15秒)とさらに長時間交尾(平均23分)の2つのタイプがある。


http://ci.nii.ac.jp/naid/110001086613/
> ババホタルトビケラ (Nothopsyche babel) の成虫の行動を調査したところ、2時間を
>こす長時間交尾をすることがわかった。


http://ci.nii.ac.jp/naid/110001084543/en
>ウリミバエでは非常に長い交尾を行う(日没直後に交尾を開始し、少なくとも5時間、
>長い場合には明け方まで交尾する)


http://ci.nii.ac.jp/naid/110001085807/
> ミナミアオカメムシは交尾時間が非常に長いことが知られており、その平均は55時
>間に達する。


他に長時間交尾をする昆虫として名前のあがるのは、アオモンイトトンボとか、シリアゲ
ムシとか。

http://hokuryukan-ns.co.jp/magazines/archives/2002/08/index.html
>昆虫と自然 2002年8月号定価\1,300(税込) 送料76円
〈略〉
>アオモンイトトンボの長時間交尾について(澤田 浩司)


http://insect3.agr.hokudai.ac.jp/%7Eseminar/abstract.html
>シリアゲムシは性選択の研究材料としてしばしば使われる昆虫です。〈略〉
>1本目の論文は長時間交尾を強制しようとする雄と、それを拒否する雌の間に対立が
>あり、notal organを使用する雄は有利になる、という話です。


また、真偽については少々あやしくなるが、テントウムシは 9 時間という話もある。

http://kkeita5129.blog8.fc2.com/blog-entry-283.html
>テントウムシ、彼らもまたセックスマシーンと呼ぶにふさわしい存在である。テントウム
>シほど交尾をする生物は地球上どこを探してもいない、と言う科学者もいるほどだ。驚
>く無かれ、テントウムシは9時間に渡って、しかも毎日交尾をするというのだ。

( 元ネタは http://www.funreports.com/fun/28-11-2005/1301-0 )

しかし、シラミが長時間交尾をするという話は見つからなかった。「カメムシ類に交尾時間
が長いものが多い」とのことなので、もしかしたら「トコジラミ」ことナンキンムシ (シラミで
はなく「セミやカメムシの仲間」) ならば交尾を長時間おこなうかもしれないとも思うが、
ナンキンムシの交尾は独特で、また、下でいう「ナンキンムシのメスは、次なる交尾を阻
止する手立てを持っていない」というのが本当ならば、あまり長時間の交尾ではないっぽ
い気がする。

http://www.kaiteki-club.net/tokosirami.html
>トコジラミはシラミの仲間ではなくセミやカメムシの仲間になります。

http://www.papy.co.jp/act/books/1-39831/
>ナンキンムシはトコジラミとも呼ばれ、寝床に入り込んでは人間の血を吸い、激しい
>かゆみを起こさせる。この虫はちょっと変わった交尾の仕方をする。
>〈略〉ナンキンムシのオスもメスも交尾器を持っている。ところが、メスのほうはその
>交尾器を交尾に用いない。
> では、オスとメスはどうやって交尾するのか。オスの交尾器は、鉤状に鋭くとがって
>いる。それでメスの腹部に穴を開け、メスの体内に精子を注ぎ込む。
> 但し、穴を開けるところは決まっている。メスの腹部には中間に切れ込みがあり、そ
>こに交尾器を挿入する。メスの交尾器を使わずに、どうしてそんな交尾の仕方をするよ
>うになったのか。その理由はまだ解明されていない。
> オスがメスの体内に注ぎ込んだ精子は、やがて体液の中に泳ぎ出て、最終的には
>精子を貯蔵する受精のうに集まる。ナンキンムシのメスは、次なる交尾を阻止する手
>立てを持っていない。そこで、場合によっては何匹かのオスと交尾する羽目になり、そ
>の結果、オスが放出した精液でメスの体は一杯になり、動けなくなって死ぬこともある
>という。



その他シラミ関係:
シラミつぶしに捜しました。本当です。
ナポレオンの遠征でもシラミとチフスの犠牲者多数とのこと


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

21:54  |  『トンデモ一行知識の世界』間違い探し編 (215) +  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●虫を無視しない方がよいこともある?

>トコジラミ 帰国者さん

どうもです。(_ _)

>交尾の時間が最長55時間はやばいですね

ですよね。それもこれも、他の雄ではなく自分の子孫を残すため……ハネムーンのあいだずっと部屋にこもりっきりの新婚さんを連想したり。

http://www.cypress.ne.jp/%7Eh-jin/syuron.pdf
>カメムシでは精子置換が行われ,後で交尾した雄の精子によって受精する
>割合が高いので,雄は長時間交尾のような交尾後ガードをすることが多い。
>雄にガードされることによって雌が他雄からの求愛を拒否するコストを
>軽減することができると考えられ,そのために,アカスジカメムシでは
>雌による配偶者選択が強く働かないのかもしれない。

トンデモない一行知識 |  2009年07月07日(火) 02:01 |  URL |  【コメント編集】

おもしろいデータですね
虫と聞くと近寄りがたいですが、交尾、雄、雌となると
共感できるものがありますね

交尾の時間が最長55時間はやばいですね
そりゃ卵いっぱい生みますってw
トコジラミ 帰国者 |  2009年07月06日(月) 09:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/139-455e2022

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

トコジラミ 幼虫

最近、興味のあることはやはり、この情報に関してです 。昆虫以外の長時間交尾はミンクの最長 8 時間とか 「カメムシ類に交尾時間が長いものが多い」とのことなので、もしかしたら「トコジラミ」ことナンキンムシ (シラミではなく「セミやカメムシの仲間」) ならば交尾?...
2009/06/22(月) 10:16:11 | ビィドリーム

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。