2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.07 (Sun)

体毛をいだけ

『トンデモ一行知識の世界』 P.116

実際には、もちろん、猿は人間よりずっと毛が多い。ところが、人間のいわ
ゆる頭髪というものは猿にはない。猿の頭に生えているのはただの体毛で
ある。人間の頭髪は体毛とはまったく違う性質の毛である。
 なぜ、人間は体毛を退化させた代わりに頭髪などというヘンなものを生や
したか。実はこれはライオンのたてがみと同じく、人間という種を、他の種と
見分けやすくする大きな信号なのである。


こちらのコメント欄の続きのようなもの。

「人間の頭髪は体毛とはまったく違う性質の毛」って、唐沢俊一の定義では、頭髪は
体毛ではないのだろうか。「体毛」の定義に、頭髪以外の毛などというものは含まれ
ないのが通常のようなんだけど。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=体毛&dtype=0&dname=0na
>たいもう0 【体毛】
>からだに生えている毛。


そりゃまあ、世の中には白馬は馬にあらずと主張した人もいるし、頭とからだはまったく
別のもの (からだは嫌がってませんぜ、とか?) ということもあるかもしれないけど、それは
また別の話で、頭皮は素直にからだの一部として考えてよいんじゃないかと。

Wikipedia の「体毛」カテゴリにだって、サブカテゴリとして「髪」が存在。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:体毛
>このカテゴリに属するサブカテゴリは次のひとつのみです。か[+] 髪 (3)

「体毛」カテゴリには、「髪」以外では、毛 (動物)、陰毛、性毛、旋毛、鼻毛、髭、まつげ、
眉毛、耳毛、于震寰、腋毛などがある。これら頭髪以外の体毛の性質も、別にそれぞれ
が同じというわけではないというのは、以前に「ケケケ、毛が三本」や「不思議の腕のス
ネ毛
」に引用した資料の記述の通りである。

http://cacshop.net/howtogrow.html
>人間の体には頭髪以外にも毛が生えており、ヒゲ、わき毛、陰毛などは頭髪に次いで
>長くなりますが、眉毛、まつ毛、鼻毛などはあまり長くはなりません。 さらに、いわゆる
>「うぶ毛」と称するやわらかい毛も全身に生えています。


http://datumo.s349.xrea.com/31.html
>*肘から先
>性別に関係なく思春期を過ぎた頃から段々と短い硬毛や中間毛に生え変わる部分で
>す。腕の硬毛は短毛ですがある程度の長さまで伸びるので毛周期のサイクルも若干
>長く2ヶ月~1年以下のサイクルで生え変わります。 〈略〉
>*肘から上
>肘から上の体毛はほとんどが産毛や薄い中間毛です。


頭髪だけが、かなり長く伸ばすことができるということをいいたいのかなとも思ったけど、
男性の髭だって相当の長さまで伸ばせるはずだし……。


ええと、そして、「ヘンなもの」かどうかはともかく、頭髪について。唐沢俊一はこれを
「ライオンのたてがみと同じく、人間という種を、他の種と見分けやすくする大きな信号」
としている。

「大きな信号」の「大きな」ってのは、ないんじゃないかなあというのは、おいといて。
ライオンのたてがみと人間の頭髪が同じような「信号」なら、ハゲの男性の異性への
アピール度ってどうなってしまうんだろう致命的じゃないかという疑問も、おいといて。

「他の種と見分けやすくする」うんぬんについては、「不思議の腕のスネ毛」のコメント欄
では、「種を認識する目印説」という書き方をしたのだけど、人間を他の種を見分けやすく
するのには、頭髪などなくとも、「無毛のサル」という特徴だけで充分だという話がある。

『裸のサル』 (デスモンド・モリス) P.53
>この説は、毛の喪失が物理的環境への反応の結果生じたのでなく、一つの社会的
>傾向だったと示唆している。いいかえれば、毛の喪失は機械的な手段としてではなく、
>信号として生じたものだというのである。皮膚に毛の生えていない部分があることは、
>たくさんの霊長類にみられる。いくつかの場合には、その部分が種を認識する目印とし
>て作用しているらしい。つまりサルやヒトニザルはこれを手がかりにして、他の個体が
>自分と同じ種に属するものか、それとも何か他の種に属する個体なのかを判定するの
>である。狩猟性ヒトニザルにおける毛の喪失は、単に偶然的に淘汰された形質で、そ
>れがたまたまこの種によって種のバッジとして採用されたものと考えられる。まったく
>毛がなくて裸であることによって、この裸のサル同士がびっくりするほどたやすく互いに
>認めあえただろうことは、もちろん否定できない。しかし同じ目標を達成させるには、な
>にも貴重な断熱コートを犠牲にしないでも、他にもっと手荒でない方法がいくつかあっ
>たはずである。


こちらのコメント欄にもちょっと書いたけど、唐沢俊一の文章は、「人間は体毛を退化させ
た」ことについての考察をすっ飛ばして、部分的に残った毛について出典不明な言説を
繰り広げてくれているせいで、わけがわからない文章になっているのだと思う。

その他参考 URL (毛髪=頭髪+体毛?):
- http://shohyo.shinketsu.jp/originaltext/tm/1053667.html


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

16:16  |  『トンデモ一行知識の世界』間違い探し編 (215) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/133-200a8a2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。