2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.06 (Sat)

二億の細菌と奥さんの最近

『トンデモ一行知識の世界』 P.27 および表紙

キスをすると、一秒間に二億個の細菌がお互いの口腔を行き来する。


人間の「口の中の唾液には1ml中に1億~10億個の細菌が棲んでいます」というのが
本当だとするならば、「一秒間に二億個の細菌」は、まるでハズした数値ではないとは
思うのだけど……。

http://www.geocities.jp/metannetann/kennkou2.html
>口の中に常にいる細菌類はおよそ350~400種です。口の中の唾液には1ml中に
>1億~10億個の細菌が棲んでいますが、普段健康であれば、ヒトと細菌は共存して
>仲が良いのですが、ヒトが弱ると、細菌が出しゃばるのです。


http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/kizu/kizu.html
>ちなみに唾液一ミリリットル中の細菌数は,一億から十億個。

ただ、「1ml中に1億~10億個」でも示されているように、口腔内細菌数というのは人
や状況 (起きたばかりとか歯を磨いた直後とか) によって幅があり過ぎな上に、キスの
仕方ひとつ考えても、唇をふれあわせるだけ――当然、「細菌がお互いの口腔を行き来」
することはない――のものもあれば、舌の動きや唾液の交換なども控えめなものから活発な
ものまでいろいろあるだろうに、どれもいっしょくたにして「一秒間に二億個」とくくるのは、
やはり少し無理があるのでは。

http://ja.wikipedia.org/wiki/口腔細菌学
>唾液の細菌叢は、実際には歯や舌、口腔粘膜などの表面の細菌叢を反映したものと
>なっており、唾液に固有の細菌叢とはいい難い。なぜなら、唾液は液体であり、絶え
>ず分泌と嚥下が繰り返されているので固有の細菌叢が育成し難いためである。また、
>唾液は、分泌直後は無菌状態である


http://www.sanwa.or.jp/dental/oralcare.html
> 口腔内の細菌の数を御存知ですか?歯がある人の場合、口腔内には300~400種
>類の細菌が存在し、その数は、
> よく磨く人の口腔内細菌数        1000~2000億個
> あまり磨かない人の口腔内細菌数    4000~6000億個
> ほとんど磨かない人の口腔内細菌数  1兆個(!!!)


その他参考 (?) URL (最近キスしたのはいつ?):
- http://aboutme.jp/question/show/31831

まあ、「一秒間に二億個」と言い切ってしまった方が、人目をひいて、一行知識としての
出来がよくなるというご意見もあるとは思うので、実は間違いにカウントするのは迷ったり
した。

それと、このネタで気になったのは、正確さには難があるかなとは思う一方、まとめ方に
あまり唐沢俊一っぽくないスマートさみたいなものが感じられること。唐沢俊一検証blog
の「『知泉元祖「ヘェ~」716連発』と唐沢俊一のネタの重複について。」の中では、知泉
との重複が指摘されていて、それとは別に、『豆しば―枝豆しばとアラスカの冷蔵庫』
の中でも使われている模様。

http://ameblo.jp/mo-015693/entry-10220217090.html
>豆しば―枝豆しばとアラスカの冷蔵庫/キム ソクウォン
〈略〉
>今日、本屋で立ち読みして(笑)面白かった

>『ねぇ知ってるー??キスをすると1秒で2億個の細菌が出たり入ったりするんだよ~』
>(みたいな内容・・。文面は多少違うと思います。。なんせ立ち読みしたもので・・)

>『ねぇ知ってる~?イギリス(だっけ?)のホブソンさんは1日1食を徹底し、たばこは
>吸殻を拾って吸って巨額の財産を築いたんだけど・・ある日吸殻を拾っていて車に
>はねられて死んだんだよ。』


『豆しば』と『トンデモ一行知識の世界』は、以下のネタも重複している。

『トンデモ一行知識の世界』 P.132

イギリスのホブソンさんという人は一日一食を守って貯金をし、莫大な財産
をためた。タバコは吸いガラを拾って吸っていた。ある日、吸いガラ拾いの
最中、車にはねられて死んだ。


『豆しば』が『トンデモ一行知識の世界』からパクったのか、共通のネタ元があるのが、
ネタ自体の真偽とともに気になるところではある。



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

18:51  |  『トンデモ一行知識の世界』間違い探し編 (215) +  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tondemonai2.blog114.fc2.com/tb.php/130-33f4c88e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。