2011年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.30 (Fri)

「なぜかゼイジャクと読まずキジャクと読む人がいる」理由はお兄様がご存じでは

「モニ太のデジタル辞典 一覧 ぜいじゃくせい【脆弱性】」より。

http://www.yomiuri.co.jp/net/column/yougo/20110915-OYT8T00632.htm
>「そのシステムのキジャク性がね」
>なぜかゼイジャクと読まずキジャクと読む人がいる

(画像: http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110915-233181-1-N.jpg)

「絵・唐沢なをき/文・唐沢よしこ」の「絵・唐沢なをき」には、上のようなことが書かれて
いるが、「文・唐沢よしこ」の方には、「キジャク」だとか「ゼイジャク」とかはいっさいない。

「なをきがまた兄貴をさりげなくディスってる?」、「どこかトゲのある言い方だなw」などと
2ちゃんのスレに書き込まれたりしていた (Read More 参照) のは、唐沢俊一が以前、
裏モノ日記で、「脆弱」を「危弱」とやらかした件があるから。

http://www.tobunken.com/diary/diary20061114172636.html

午前中は原稿書き。11時半、家を出て渋谷へ。12時にNHKのYくんと
待合わせだが、30分ほど遅れるとの電話が携帯にあり、仕事場で資料
調べ等。ロビーで落ち合って、『おひつ屋』で企画打ち合わせ。ちょっと
上のクイツキがよろしくないとのことで、改訂案いくつか考える。こないだ
の新潟の講演で話した、ネット配信時代におけるマンガの方向性論、
Yくんがプロダクションアイジーの小村方宏治作監に話したら、
「それは我々には思いつかない視点だ」
と絶賛してくれていた由。ただし論としての危弱なポイントも指摘してくれて
いた。参考になる。

http://megalodon.jp/2011-0929-2104-55/www.tobunken.com/diary/diary20061114172636.html

最初の指摘は、「唐沢俊一検証blog」の「声に出して読めない日本語3。」で 2008 年の
ことだったけど、「脆弱」が「危弱」になった件はスレなどで繰り返し話題になっていて、
ウォッチャーの間では割と有名なネタ。

たとえば、「『裏底』を育てた誤変換のすごい辞書」の Read More に収録させてもらった
以下の書き込みとか、ほんの 1 ヵ月前にも話題にしていた人がいたり。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1312715291/
>454 :無名草子さん:2011/08/12(金) 22:07:57.14
>まさかリテイ先生は頻繁に使う特殊な言葉なのに単語登録とかしていないのかな?
>マジそこの所が解らないんだよ。

>あと「脆弱」を「危弱」と入力した件も理解できない。
>おそらく「きじゃく」と読み間違いをしていたんだと思うんだけど
>「きじゃく」じゃ変換してくれないよね。
>「あぶない→変換→ないを削除」「よわい→変換→いを削除」
>じゃないと入力出来ないという部分に疑問を持たなかったのかと

>本当に素で謎が多すぎだ。


スレ住人にはお馴染みのネタといっても、唐沢なをきがしっているとはかぎらないけど、
まあ何というか、これまでもいろいろ貢献 (?) してくれている唐沢なをきなので、ここは
素直に感謝の意を表明しておきたいかと。

本当は東京で弟といっしょに住んではいなかったかもしれない唐沢俊一 (3)
東京で弟と半年間だけいっしょに住んでいたという唐沢俊一
一人暮らしの弟と「一緒に住んでいた」時期があるかもしれない唐沢俊一


ちなみに、「危弱」というのは、唐沢俊一以外にも間違えている人がそこそこいる様子は、
以下のリンクからうかがえる。どちらも 2006 年春に書かれているもので、唐沢俊一の
裏モノ日記は 2006 年秋。

- http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/torii021.html
- http://www.wdic.org/w/WDIC/危弱


それにしても、今回読み返して、危弱ネタというのは、「お前弓削だろ!」の話の流れで
発掘されたネタだったのかと思い出したり。唐沢俊一の裏モノ日記では「NHKのYくん」
とか書かれている人で、と学会バッヂをつけて謝罪の場にあらわれたアノ人ですね、と。

翼君はボールが友達、NHK弓削君は「と学会」バッヂでともだち
いろいろ「と」リンク
と学会バッヂは、ともだち互助委員会の印
長文マダー? の BK 団、十劣衆で、恋のないカラサーガ

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

09:09  |  分類なし (12) +  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。